星岳の家族構成は?母親、父親との関係は?【世界陸上】

スポーツ

世界陸上のマラソン日本代表である星岳(ほし がく)選手。24歳で世界陸上初出場ということでメダルも期待したいですね。

今回はそんな星岳さんの家族構成を調査しました。

星岳選手の母親は?

メディアでのインタビューなどで星岳選手と母とのエピソードはいくつか確認されています

野球をやっていた星岳選手ですが、中学でたまたま駅伝に駆り出され出場した星岳選手はスカウトされ高校では母を説得して陸上に熱を入れたとの情報がありました。

中学までは野球に夢中だったので星岳選手の母は高校でも野球をしてほしかったのかもしれませんね

陸上を始めてからは挫折も味わい「大学に進学して箱根駅伝に出たい」という夢を諦めかけたことがあったそうです。

そんな時に星岳選手は母から「いかなる時もベストを尽くせ」と言われて立ち直ったといいます。

星岳選手のお母さんはいつでもどこでも応援に来てくれたんだとか。

しかし大学最後の大会ではコロナウイルスの影響で現地での応援が困難になってしまうピンチも。

それでも最後の箱根駅伝を目前に控えた11月の記録会では自己ベストで帝京大学新記録をたたき出し、星岳選手は母から祝杯を上げてもらいました。

お母さんは「これまでの自分の頑張りを信じて支えてくれた皆さんに感謝して実りある走りをしてほしいと思います」とコメントをしていました。

星岳さんも母に対して「最後の走りを見せられないのは残念だがテレビからでも姿を見せられるような走りをしたいなと思っているトップで渡すところを見せたいなと思う」と意気込みました。

このやりとりからも母と息子の絆が伝わってきますね!

母親の存在は星岳さんにとっては大きな存在、サポートとなっているはずです。

星岳選手の父親は?

星岳選手は高校から陸上をやっていますが、それまでは野球をやっていたそうです。

今でも趣味はMLB観戦だということですので、相当な野球好きなようです。野球は星岳選手の父の影響でやっていたという可能性もありますよね。

ただ、インタビューなどでも母については出てくるのですが星岳選手の父の話題は出てこないのはなぜなのでしょう。その理由がハッキリしていません。

星岳選手が大学2年の時には箱根駅伝に初出場して10区を走り区間賞を獲得しました。

そして今年の2月には「大阪マラソン・びわ湖毎日マラソン統合大会」で、日本人としては初マラソンの最高記録となる2時間7分31秒で優勝しました。

きっと父親も喜んでくれたのではないでしょうか。

星岳の兄弟は?

星岳選手の兄弟の情報は見つかりませんでした。


少なくとも同じ陸上競技をしていれば話題になるでしょうからそれがないということは、競技とは関係ない兄弟の方がいるのかもしれませんね。

星岳のプロフィールは?

コニカミノルタ陸上部に所属する星岳選手。びわ湖毎日マラソンでは初マラソンの日本人最高記録の2時間7分31秒で優勝しています。プロフィールを見てみましょう。

名前星岳(ほし がく)
生年月日1998年9月17日
出身地宮城県仙台市
体格163cm、48㎏
出身校明成高、帝京大
所属コニカミノルタ

星岳選手のインスタアカウントはこちら⇒g.hoshi917

163cm、48kgと男性にしては小柄ですね。きっと筋肉が発達していて体脂肪率は一桁台かもしれません。走るための強くてしなやかな身体を持っているのでしょう

まとめ|星岳は力をくれる母親との絆が深い

星岳選手の家族構成ははっきりした情報はありませんでしたが、お母さんとのエピソードでは心あたたまるものが見られました。
力強い走りはこれまでの星岳選手を応援してくれたお母さんの応援が欠かせないものだったのでしょうね。

家族のためにも星岳選手の世界陸上での躍進を期待したいですね

タイトルとURLをコピーしました